2021年5月のスクールレポート

5月は新たに3名の方がサーフィンスクールに来てくれました。

サーフィンの経験年数は5年から8年くらいで、普段は主にロングボードでサーフィンをしている方々でした。

共通するのは「ノーズライディングがしたい」という強い思い!

みなさんテイクオフして横に走っていく事は出来ているので、岸からライディングを撮影した動画を見てもらい、ライディングの解説と修正点をアドバイスしました。

ウォーキングするタイミングがちょっと遅い原因は、テイクオフしてからサーフボードを安定させるまでのリードタイムが長く、波の良いところを走り抜けてしまっていた点でした。

サーフボードをコントロールしきれない原因はスタンスの取り方だったので、お手持ちのサーフボードの特徴とそのコントロール方法を解説しました。

波に乗る本数を増やすために意識すると良い習慣も各々に伝えさせていただきました。

そして、次のレッスンまで意識して欲しいポイントや自習テーマを個々に応じて数点伝えさせていただきました。

その結果

なんと2名の方から「ノーズに足がかかった!」という嬉しい報告が来ました。

これは自分の教え方が神ががっているわけではなく、レッスンを通じて客観的に自分がどんなサーフィンをしているかを知り、上達に何が必要か理解し、反復練習した成果だと思います。

ノーズに足がかかったのは喜ばしい事ですが、遅かれ早かれサーフィンを続けていればいつかはノーズに行けるようになったと思います。

それよりも嬉しかったのは、レッスンを受けてからサーフィンに目標が出来て海に行く回数が増えた!今まで出来なかった事が出来るようになってサーフィンが楽しくなった!というお知らせです。

レッスンを通じてコツを伝える事は出来ますが、それをモノにするには本人の情熱が欠かせません。

レッスンを受けて上達したい!と思う時点で情熱があるわけなので、コーチはその情熱をどの方向に向けると良いかを伝える役目なんでしょうね。

今のところ、3名とも継続したレッスンを希望いただいているのでハングテンが出来るまで?コツコツと伴走させていただきたいと思います。

いつもより早い梅雨入りですが、意外に波が続いている湘南です。

数日続いた風も今夜には止み、明日は波のある日曜日になりそうです。

みなさんが良いサーフィンをできますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました